水まわりの修理・トイレ・バスルーム・キッチンのリフォーム等、配管に関する事は加盟組合員の各市町村上下水道指定工事店が責任をもって対応致します。
是非私共にお任せ下さい。

組合員名簿
生涯設計
資格取得
教育訓練
沿革
主な事業
理事長挨拶
配管工事業とは
組合紹介
TOP
大阪市北区中津1丁目2-19 (新清風ビル7F)  TEL 06−6371−5905  FAX 06−6371−9544
 配管工事においてトップクラスの技能を身につけたとしても、それを後輩たちに如何に伝え、若い人たちを如何に指導するかを学ばない限り、その技能はその人一代限りで終わってしまいます。そこで各都道府県では職業訓練指導員という資格を設け、これを獲得するための講習を行っています。この資格を取得して初めて、一人前の職人であると言われています。

TOP>

関西配管工事業協同組合
新人教育
 7年の実務経験を重ねますと、1級配管技能士の資格にチャレンジすることができます。
 組合では大阪府知事より認定訓練校の認定を受けて毎年、1級技能士コース(建築配管科)を開設しています。
 このコースを修了しますと、国家検定における学科試験が免除となります。また実技試験受験のための実技講座も実施しており、毎年高い合格率を誇っています。

教育訓練>

1級技能士
◆◆◆◆◆ご意見・お問い合わせは下記まで◆◆◆◆◆
関西配管工事業協同組合 〒531−0071
大阪市北区中津1丁目2-19
(新清風ビル7F)
 TEL 06−6371−5905
 FAX 06−6371−9544
 平成20年4月1日から、国土交通大臣の登録講習制度として位置づけられ、日空衛・全管連・日管連の3団体では、国土交通大臣登録講習(登録番号第15号)として、21年1月から、順次開催しています。この登録講習考査試験に合格した修了者には「登録配管基幹技能者」として、経営事項審査において加点評価の対象となる有資格者となります。
関西配管工事業協同組合では、組合員従業員を対象に、新入社員からベテラン技能士まで、また次代の経営者も含めて各階層の人々のニーズに合った教育訓練を提供しています。
TOPへ戻る
TOPへ戻る
登録配管基幹技能者